DNJ(デオキシノジリマイシン)が、成人病を予防する

桑茶で健康生活 TOP桑の葉茶の効能・効用 › DNJ(デオキシノジリマイシン)が、成人病を予防する

近年はラットやマウスを用いた実験の結果、成人病予防に対する桑茶のパワーがわかるようになり、多くの学会でその成果が発表されています。

桑の葉でしか摂れないオリジナル成分DNJが血糖値を低く保つ

DNJ(デオキシノジリマイシン)は、現在のところ桑葉にしかまだ見出されていない成分で、小腸からの糖分吸収を遅らせ、炭水化物(糖質)の吸収を自然に抑えます。

糖尿病に効くといわれるお茶はいくつかあるようですが、その中でも桑の葉茶は、血糖値の上昇を防ぐことが明確にわかっている数少ない健康茶です。

高血圧や高コレステロールを防ぐ効果も

また、桑茶は高血圧及び高コレステロール値の抑制にも効果が見られるようです。

これは、桑の葉に含まれる豊富な食物繊維によるもので、薬品に頼らず日常的に成人病を予防できるのはとてもありがたいですね。
もちろん、食物繊維の働きは肥満の予防・防止(ダイエット)にもつながります。